近い未来どんなことに二足歩行ロボットがつかわれるか

二足歩行ロボット、それは初期のロボットではなく、なるべく人間に近い動きをすることが可能になったロボットのことです
最先端の技術を駆使されているこの二足歩行ロボットには何ができるのか
いくら最先端といえども、まだ人間の動きには程遠いですし、知能も初期に比べるとすさまじい進化を遂げていますが、それでも人間の知能にはまったく及びません
ですが単発的な動きではロボットの方が勝っている所もあります
例えば工場なんかの同じ作業を永遠と繰り返していくような作業では、人間とロボットとの効率の差は歴然です
資金の面で多少の不憫さはありますが、効率的な面を考えるとロボットのほうが良いのです
このように、ひとつのプログラムしか持っていないようなロボットでも、実際今の社会に大きく役立っているのです
ではもっと高い技術を駆使してできた、二足歩行ロボットはどのような所に生かされるのか
それはやはり人間には長く続ける事が難しい力仕事です



何か大きいものを持ち上げる際には、クレーンなどのロボットを使えばいいですが、人間にも持てる重さではあるが、何らかの理由で持つことができないような時に、この二足歩行ロボットが活用されていきます
二速歩行ロボットなら、家の中にもはいれるし、クレーンのように不安定でなく綺麗に持ち上げ、そして運び、下ろすことができるのです
また近代の社会では、少子高齢化が急速に進んでいます
そのために日本の科学者およびに技術者たちは、介護用ロボットの制作に日々取り組んでいます
今は、ベッドで寝たきりで生活しているような人をゆっくりと慎重に持ち上げることができ、そして何もないかのようにいつまでも持ち続けられ、ゆっくりと下ろす、それくらいしかすることはできませんが、それでもすごいことです
また近い未来、この二足歩行ロボットが本格的な介護用ロボットとして、世界中で困っている人の助けになってくれれば、開発した人間としても喜びであるし、達成感を味わうことができます
近い未来、ロボットがどのように進化していくのかが楽しみです