感情ロボットはどう思いますか

ロボット技術は、今後も発展していくでしょうが、感情ロボットというものも出てくると思います
今では、ある程度のパターンに対応したロボットがあります
お掃除ロボットというものが、有名だと思います
言葉を話せばパターンに応じて掃除の仕方を変えてくれるものです
感情というものが、詳しく研究されれば感情ロボットが当然の世の中になると思います
人間に対応するためには、感情を理解するロボットが必要になるのは当たり前といえば当たり前のことだと思います
とはいえ、まだまだ先の話になるのは確実でしょう
あと数十年は今のパターンで認識するタイプのロボットが改良されたものが、どんどんでてくるでしょう
いずれにしても、人間だけでは無理になるでしょうから、より便利なロボットがでてくることは間違いないでしょう
危険な場所に人間が行くのは徐々になくなっていき、ロボットがメインの時代になっていくことでしょう
必然の流れであるといえると思います



誰も危険な場所に行きたいとは思わないでしょう
ただ、機械的なロボットでは、自動的に動いてはくれないでしょう
パターンでもたしかにある程度は自動的に動いてはくれるでしょうが、パターンから外れた行動の場合、対応できなくなる恐れがあります
感情ロボットが完成すれば、自己で判断して行動するロボットになるでしょう
こちらから命令する必要はあまりなくなると思いますので、人間側の負担も軽減されることでしょう
ただ、感情ロボットとなると、情報量がとんでもなく多くなると思います
今のパソコンでも足りないと思います
今後は情報量がさらに多いものが作られると思います
今のところは、現実的に考えると仮に感情ロボットができたとしても、大型化してしまうのは確実だと思います
となると、工事現場など広い土地でないと使えないと思います
しかし、いずれ感情ロボットは実用化されると思います
それまで長生きできればいいと思います