警備ロボットを知っていますか

企業などで取り入れられている警備ロボットの存在をご存じでしょうか
従来の警備ロボットは、屋内外の巡回警備を行うことが基本的な目的であり、不審者を捕獲することは容易ではありませんでした
しかし、最近の警備ロボットはひと味違います
不審者を見つけた場合には光を明滅され、警告音を発し、発煙装置なども装備しているのです
実際に不審者を捕まえることも不可能ではありません
また、不審者を見つけるだけではなく、火災や異常が発生した場合に検知する機能をつけることも可能です
ちなみに、警備ロボットが自動巡回するルートには、事前にガイド線を設置しておくことで警備ロボットが検知することが可能になります
センサーを使用することで障害物を検知する為、障害物を予め避けておく必要もありません
人間が立ち入れないような危険区域でも警備ロボットが巡回することで警備を行う事が可能になったのです
ちなみに、速度を調整することも可能です



原発事故によって人間の立ち入りが制限されるはずの地域に警備ロボットを導入することで、地域の安全を守ることも良いのではないでしょうか
日本人の土地にあまり関心がない政府の遅すぎる決定を待つより、各地方自治体が率先して動くことで地域の安全性を守ることができるのではないでしょうか
いま、原発事故は日本全土に影響を与えつつあります
日本の土地を、日本人自らが守る必要があるのです
自分たちの子供、自分たちの子孫、そして自分たちの未来を守るために、各自が言動を考える必要がある時代が来ているのです
気がついたら日本が日本ではなくなっていた、という事態に陥りつつある日本を守ることが出来るのは今だけなのです
日本人と日本を愛する外国人が日本を守ること、日本の正しい歴史を日本人がきちんと知って、日本を誇りに思うことが日本人としての生き方なのではないでしょうか
自分たちが誇りを持って次世代に託すことができる国であり続けられることが大切なのです